賓日館

三重県伊勢市二見町茶屋566-2

TEL:0596-43-2003

Author: 賓日館

  /  Articles posted by 賓日館 (Page 14)

    台風19号の影響が予想されるため、 10月12日(土)に開催を予定していましたおはなし会を中止とさせていただきます。 楽しみにされていた皆さんには大変申し訳ありません。 おはなしキャラバンさんにはまた出演をお願いしたいと思っていますので、 その際はこちらやHPでお知らせさせていただきます。   また賓日館は海に面した施設であるため、 台風による影響で暴風警報が発令された場合、 表参道が通行止めになった場合等は お客さまの安全を考え、賓日館を閉館させていただきます。 ご了承ください。   賓日館事務局

    ちばさんのおはなし会ではみんな自由です。 でも一人一人思うこと感じることが違います。絵本に興味がなくても大丈夫。 外が気になったら外を眺めて、マイクが気になったら離さない。 それでいいんです。そんなおはなし会がちばさんのおはなし会。 うちの子ちゃんと座ってないかもというお母さんも是非一度参加してみてください。 ※ただし危険な箇所はあります。お子さんから目をはなさないようにお願いします。   10月のおはなし会のようすを、ちばさんレポートでお伝えします。 10月は、大人9名 子ども7名の方と楽しみましたよ。 松阪から読み聞かせをされている方も来てくださいました。ありがとうございます。 風船のペープサートで歌いながら始めましたが、 クイズ形なのに分かりにくいイラストだったのと、答えられる子が少なかったため、 こりゃだめだなと早めに切り上げて、すぐ次に用意していた絵本を読みました。 子ども先生たちと同じように、ちばさんも自由にその場で考えて組み立て直したりします。   顔はめ絵本は、会の終わりに1歳の3人娘たちが楽しんでいました。ただただ可愛い娘たちです。   来週の10月12日(土)もおはなし会はあります。 松阪でご活躍の「おはなしキャラバン」さんが来てくださいます。 紙芝居や大型絵本、手遊びなど、ちばさんの大先輩方が楽しいプログラムを用意していてくれます。 ぜひぜひお越しください。   来月も、第1土曜になります。11月2日(土)10:30〜 です。   ちばまさよ     10月27日(日)内宮近くで行われる「五十鈴の森クラフトフェア」でもちばさんのおはなし会を開催。 落ち葉の積もる秋の公園、お外でのおはなし会はとっても気持ちいいですよ。 是非足を運んでみてください。  

    <書家・柏木白光展「神々のほほえみ 海と山と空と」> 10/26(土)~11/24(日)14時まで 書家・柏木白光氏による作品展。 これまでに制作した多種多様な作品約60点を「旧客間」6部屋に 「熊野」「高野」「海」「山」「光」「宇宙」「七福」「伊勢」とテーマごとに分け展示。 期間中は和歌や煎茶とのコラボ企画もあります。   ▲△書家・柏木白光△▲ 毎日女流展グランプリ受賞など多くの書道展に入賞。 成田空港のロビー作品、自衛隊看板、沖縄護国神社記念碑、神宮等への作品奉納、音楽家とコラボ海外公演(オペラ座にも出演)等幅広く書の活動を行う。 また各地に足を運び土地の風や匂いを感じた時にほとばしる言葉を書にする「墨アート」表現は他に例がなく、今もなお新しい世界観を表現し続けている。     今月の「絵本と音楽のおはなし会」は第1土曜日(10/5)と第2土曜日(10/12)の2回! いずれも10時半~開催します。 第1土曜日(10/5)はちばさん。ふうせんのペープサートを使って楽しみますよ。 第2土曜日(10/12)は松阪でご活躍の「おはなしキャラバン」のみなさんがおはなし会をしてくれます。 どちらも是非参加してくださいね。   また、ちばさんは10/27(日)の「五十鈴の森クラフトフェア」でも出張おはなし会をします。 落ち葉が積もる公園での野外おはなし会です。とても気持ちいいので是非足を運んでみてくださいね。     <予告> 今年も11月3日の賓日館開館記念日をお祝いして、 11/2(土)~4(月)18:00~21:00限定で夜間開館を行います。 期間中は二胡演奏や出張カフェもあります。 秋の夜長をゆったりとお過ごしください。 昨年大好評だった企画です。是非皆さまお誘い合わせの上、夜の賓日館にご来館ください。

    来る令和元年10月1日からの消費税法改正に伴い、 賓日館の利用料金を令和元年10月1日より以下の通り改定いたします。 また事前にご予約いただいた分につきましても下記料金を適用させていただきます。     <入館料> 大人  310円 小人(小中高) 150円 20人以上の団体 上記定額料金×80%     <利用料金> 〇伊勢市民 大広間 : 部屋利用料 15,710円/日、電気代 470円/時間 中広間 : 部屋利用料 7,850円/日、電気代 310円/時間 旧客室等: 部屋利用料 2,350円/日、電気代 150円/時間 〇伊勢市民でない者 大広間 : 部屋利用料 20,950円/日、電気代 470円/時間 中広間 : 部屋利用料 10,470円/日、電気代 310円/時間 旧客室等: 部屋利用料 3,140円/日、電気代 150円/時間   備考 1 利用時間が4時間未満のときは、1日の利用料金の50%とする。 2 冷暖房利用のときは、それぞれの利用料金に利用料金の60%を加算する。     賓日館事務局

    9月のおはなし会のようすを、ちばさんレポートでお伝えします。 9月は、大人6名 子ども6名の方と楽しみましたよ。 ゲストに陽子さんも来てくださいました!とっても嬉しい♪   今回は、予告通り 落語絵本「まんじゅうこわい」を読みました。 文字も多く、ちょっぴり長めでしたが、子ども先生たちはちゃーんと聞いていました。 落語って面白いなって思ってもらえたらいいなぁ。 陽子さんは、英語絵本「pants」を読んでくれました。 みんなの身近なパンツの絵本、とっても楽しそうに聞いていましたよ。 会が終わっても、英語絵本を見ながら陽子さんとお話している親子もいました。 よかったよかった。 ちばさんの友人はこれからもやってきてくれますよ。 当日まで秘密ですが…楽しみにしていてくださいね! 来月は、第1土曜になります。10月5日(土)10:30〜 です。   ちばまさよ

    <そこに、西行がいた!!2019> 9/1(日)~30(月) 9月は”西行月間”として二見浦西行実行委員会による展示やイベントを賓日館で開催します。 二見浦にゆかりある西行さんについて楽しく学んでみませんか?   ※お問合わせは二見浦西行実行委員会(0596-43-2231)まで     <重陽の節句展> 9/7(土)~23(祝) 五節句の一つである重陽の節句は「菊の節句」ともいわれ、9月9日に菊に長寿を祈る日です。 3月3日の雛祭りと比べ「後の雛祭り」と呼ばれたり、 長寿を祈ることから「大人の節句」と呼ばれたりしています。 これをお祝いして、賓日館では市松人形や菊をモチーフにした調度品などを展示します。 あまり見なくなった節句を賓日館で体験してください。     今月も「絵本と音楽のおはなし会」を第2土曜日(9/14)10時半~開催します。 今回は落語の絵本を選んできてくれるみたいですよ。 またちばさんのお友だちが飛び入り参加で楽しいことをしてくれるかも・・・     <予告> 今年も11月3日の賓日館開館記念日をお祝いして、 11/2(土)~4(月)18:00~21:00限定で夜間開館を行います。 期間中は二胡演奏や出張カフェもあります。 秋の夜長をゆったりとお過ごしください。 昨年大好評だった企画です。是非皆さまお誘い合わせの上、夜の賓日館にご来館ください。

    台風10号の影響により、伊勢市に暴風警報が発令されたため 本日は賓日館を臨時休館させていただきます。 9時現在他に、波浪警報、大雨・雷注意報が発表されています。 当館は海に面しております。できるだけ近づかないようお願いします。 午後より夜間にかけて雨も強くなります。 今後の台風情報にご注意ください。   賓日館事務局

    8月のおはなし会のようすを、ちばさんレポートでお伝えします。 8月は、大人7名 子ども8名。初めましての方は1組でした。 8月に開催するのは3回目なのですが、毎回1〜2組と貸切状態だったので、 こんなにたくさんの方に来ていただけるなんて!感謝です。   今回は、賓日館で開催中の「昔の道具展・賓日館にいそうな妖怪展リターンズ」に合わせて ちょっぴり怖い絵本やオバケの絵本を何冊か読みました。 音楽あそびでは、オバケの歌を歌いながらお手玉をして楽しみましたよ。 最後にお手玉は子どもたちにプレゼントしました。 大広間は、窓全開でしたし風もありましたが、 それでも暑いからか、子ども先生たちはいつも以上に自由に楽しんでいました。 まあ、それでいいんです。   昔の道具展・賓日館にいそうな妖怪展リターンズ は9/1まで開催中♪ 来月は、9月14日(土)10:30〜 です。 少しは涼しくなっていますように☆   ちばまさよ

  賓日館で買えるお土産が欲しいという多くのご要望をいただき、 賓日館限定・手ぬぐいハンカチの販売を始めました。     むかし、二見館時代に使用していた浴衣と手ぬぐいの柄を復刻しました。 そのままのデザイン柄ですが、先人による優れたデザイン、本当に素晴らしいです。 手に持った時に映えるよう色味だけ少し変え、3種類作りました。 手ぬぐい生地なので、吸水よし、乾きよし、ポケットに入れてもかさばらないのも良いところです。 また染めも本染め(注染)で使うごとに色合いが柔らかくなっていきます。   古きよき時代にちょっとだけタイムスリップできる、そんなお土産です。